Cloud LaTeXのテンプレートをTeXWorksで使った

最近pdfでレポートを提出せよ。といういかにも「TeX使ってね♡」と言わんばかりのレポート課題があったので今までWordマンだったのですが、一念発起してTeXを使ってみようと思いました。

実習中に一部Cloud LaTeX上で書いていたのですが、持ち帰って作業をする際に動かなかったのでいろいろ調べました。Cloud LaTeXのテンプレートはかなり多いように思うのでおススメです。

一応実は某氏から「TeXを使ってみて♡」と言われTeXLiveの入った闇深いUSBを渡された経緯があるため、TeXLiveが最初から入っています。なのでTeXLiveやTeXWorksインストール周辺のことの説明は割愛して単にTeXWorksでCloudLaTeXで出力されたファイルをコンパイルするというところまでを解説します。ちなみにアップデートしてないのでTeX Live 2015ですがバージョンによって差がありそうなので気が向けばアップデートして2016でも書いてみようと思います。

2017/02/04追記:最新版のTeXLiveにはpLaTeXタイプセットが標準で実装されてるようなのでTeXLive入れただけで優勝できそうな気がします(未確認)。うまくいかなかったら下記の方法で動くと思います。


Cloud LaTeXからまずテンプレートを落としてきますが、いったん「テンプレートから作成」をしてテンプレートを取得します。ここでは「日本語レポート」の場合で説明します。おそらく他のテンプレートでは差異があるとおもわれるためこれよりちょっと違う方法をとる必要があるかもしれません。

プロジェクトの作成が完了するとプロジェクト一覧から「日本語レポート」というものができるので、左のチェックボックスにチェックを入れて「ZIPでダウンロード」を選択して適当な場所に保存します。

次にTeXWorksの設定ですが、初期状態ではテンプレートがpLaTeXなのに対し、pLaTeXのタイプセットが存在しないためコンパイルできません。なのでTeXWikiさんを参考にpLaTeXが使えるようにタイプセットを設定していきます。

設定が完了したら、ダウンロードしたzipの中の.texファイルを読み込みます。このままコンパイルして動くと最高なのですが、このままだと一行目でエラーが出てしまうので、upLaTeXオプションをつけてやります。

\documentclass{jsarticle}

これを

\documentclass[uplatex]{jsarticle}

こうしてやります。これで私の環境では動きました。

ようやくgnuplotの使い方を一通り確認してTeXWorks周辺の環境が整ったのでこれからレポート頑張ります。()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です